忍者ブログ
Turn West in East
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先ほどレッドクリフ(赤壁)のパート2を観てきました。

パート1も劇場とテレビの両方で観ました。

 

やっぱり歴史はスペクタクルですね。

映像となると、いっそう臨場感が増します。


ニコニコ動画にアップされているトータルウォーの某プレイ動画でも感じましたが、

戦場に弓矢が飛び交っているのは本当に壮観ですね。

それが火矢だったらなおさら圧巻でしょう。

 

火といえば、連環の計で炎上する曹操軍の大艦隊も見物です。

 

10万本の矢をたった1日で集めてしまったり、

天気を読んだとはいえ東風を起こしてしまったり、

何かとカッコイイ孔明さんでした。

 

 

いつの時代、地域であっても歴史は勝者によって語られる

なんてことを言いますが、

三国志では一般に広く知られているのは三国志演義。 

この場合、小説家によって語られると言えるのでしょうか。

 

史実、三国志に勝者はいないんです。

映画の最後でもそんな感じの台詞がありました。

 

勝者なき戦乱の世。

勇敢に戦った武将たちや兵士たち。

 

悠久の戦乱の歴史のなかには、

いつも人間のドラマがあるものです。

 

それが歴史のおもしろさであり、

歴史を知ることの大切さであるのだと思います。

拍手

PR
この記事にコメントする
<!> コメントは管理者の承認後に表示されます。
<!> Your comment will be displayed after allowing of the admin.
<!> Sorry, due to annoying spam comments, English comments are NOT available now.
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
Twitter
プロフィール
HN:
ゆぎ(Yugi)
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
読書、音楽、歴史
自己紹介:
Twitter - mihuyuduki
Links - nicomixipixivmuzie

国際関係を学ぶ西日本の大学生。文章がうまくなりたいのでブログでも何でも書くべきなのですが……有言不実行なのでございますorz
正二十面体
シトロンとヘビの耳
読書メーター
ゆぎ(Yugi)の最近読んだ本
カウンター
2009年03月03日~
ブログ内検索

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]