忍者ブログ
Turn West in East
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

男女の美には共通性があると思う今日この頃。

男であっても惚れ惚れするような美男はいますし、

女からみても美しいと感じる美女はいると聞きます。


自分が男である場合、美男に対する美感が女性に対するそれと同じだとすれば、

当然美男のうちには女性的な美しさが内在しており、

相手が男であっても、それに惹かれてしまうのではないでしょうか。

女性についても同様です。

 

ある男の、美男と女性に対する美感が同じという前提がありますが、

もし美男のうちに女性的な美しさが内在し、

美女のうちに男性的な美しさが内在しているとすれば、

男女が共有する美しさの領域が、

男女に共通した美しさが存在するのではないかという想像です。

 

男女に共通した美、すなわち中性的な美を具現すれば、

男女両方から美しいと感じてもらえるのではないかと思うのです。

つまり、男からみて女性的な美しさが感じられ、女からみて男性的な美しさが感じられる。

そういう個体が中性的な美を備えているということです。

 

 

 

 

それで、中性的な美と男女の境界線の真上はイコールなのでしょうか。

高次元の交点に中性的な美が存在するとすれば、それはその一点であり、

必ずしも境界線上が理想的だとは限りません。

中性的な美を理想の中心点とする円を描けるのではないかと思います。

beautythink.gif

 

 

 

 

我ながら書いていることがよくわからない。(゚Д゚)

拍手

PR
この記事にコメントする
<!> コメントは管理者の承認後に表示されます。
<!> Your comment will be displayed after allowing of the admin.
<!> Sorry, due to annoying spam comments, English comments are NOT available now.
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
Twitter
プロフィール
HN:
ゆぎ(Yugi)
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
読書、音楽、歴史
自己紹介:
Twitter - mihuyuduki
Links - nicomixipixivmuzie

国際関係を学ぶ西日本の大学生。文章がうまくなりたいのでブログでも何でも書くべきなのですが……有言不実行なのでございますorz
正二十面体
シトロンとヘビの耳
読書メーター
ゆぎ(Yugi)の最近読んだ本
カウンター
2009年03月03日~
ブログ内検索

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]