忍者ブログ
Turn West in East
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

夜の8時なり9時なり、家に帰ってきてすぐにバタンキューしてしまいがちな今日この頃です。

そして12時ぐらいに起きてお風呂に入り、課題なんかをやりつつネットをしています。



そんな感じで起きていたところ、NHKで奈良県の大台ケ原の特集をしていました。

大台ケ原の雨量はすごいらしく、

一日の降水量が東京の一年の降水量に匹敵する日もあったんだとか。

 

夏の初めには山から下りてきた地下水が湧き水になり、

数か月の間だけ泉をつくりだすんだそうです。

カエルたちはその泉にオタマジャクシを産み落とし、

そうして生命の環が回るのです。

 

 

自然のスケールの大きさに感心しながら見ていたところ、

とりわけ感動した箇所がありました。

 

それは、ツキヨタケというキノコでした。

ツキヨタケの発光のようすに思わず声を出してしまいました。

ブナの木にくっついた数本のツキヨタケが星空のもと、

薄らと青白く発光する様はこのうえなく幻想的な光景でした。

 

どうやら撮影速度を遅くしているらしく、

夜空の星が点ではなく線になっていました。

 

こんな美しい光景が現実にあるんだろうかと、

大袈裟ではなく、そのくらい感動してしまいました。

 

 

その後は雨のできるしくみを紹介していました。

観測機に乗って上空の積乱雲に突入するのです。

観測機というのは飛行機なのでして、

当然ながら燃料分しか撮影、観測できないのです。

 

もし大空で定点観測というものができたなら、

そしてそれを長時間撮影して倍速で再生できたなら、

さぞ美しい光景なんだろうなと想像していました。

 

もわもわと雲が立ち上り、日は東から西へ、

そして星空と月が天を周遊していく。

なんというか、「空」から世界を見てみたいんです。

 

宇宙ではなくて、あくまで「空」からです。

宇宙までは行かないけれど、地上ではない、そんな場所から。

寒いだろうけど、綺麗なんだろうなあ。

 

空で定点観測ができないものですかね。

衛星から吊り下げましょうか、鉄塔を建てましょうか。

非現実的ですけど、そこがまた夢を膨らませました。

 

 

自然は確かに美しいです。

拍手

PR
この記事にコメントする
<!> コメントは管理者の承認後に表示されます。
<!> Your comment will be displayed after allowing of the admin.
<!> Sorry, due to annoying spam comments, English comments are NOT available now.
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
Twitter
プロフィール
HN:
ゆぎ(Yugi)
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
読書、音楽、歴史
自己紹介:
Twitter - mihuyuduki
Links - nicomixipixivmuzie

国際関係を学ぶ西日本の大学生。文章がうまくなりたいのでブログでも何でも書くべきなのですが……有言不実行なのでございますorz
正二十面体
シトロンとヘビの耳
読書メーター
ゆぎ(Yugi)の最近読んだ本
カウンター
2009年03月03日~
ブログ内検索

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]